VRのアダルト動画も、それなりに浸透してきた模様だ。まだ黎明期ながら、すでに決定的名作とも言われる作品もいくつか出てきている。そんな中で、「複数プレイ」の注目タイトルも出てきた。従来のAVでも一定需要があった5Pモノ、女優4人の豪華共演である。

■SODVRから四姉妹中出しモノがリリースされる

まずは殿堂SODVRが、ようやくというか、遂にというか、「3D」に対応したVR作品を配信開始したことを評価したい。その記念すべき第一弾目として、10本の作品がリリースされた。
それに伴い、今まで配信されていた2DのVR作品はすべて終了。かなりの本数があったのだが、このあたりは潔い。本格的に3DVRに舵を切ったものと考えていいだろう。

これまでの作品は、さすがのSODクオリティで音質も画質も最高級レベルだったが、3Dではないという致命的な欠点があって敬遠されていた。3Dになったと聞いたら、ぜひとも視聴してみたい紳士も多いのではないだろうか。

そこで、早速リリースされた10本の中から1本を選んで内容を紹介したい。今回のチョイスは、四姉妹モノだ。作品の好みはともあれ、圧倒的な“臨場感”で新体験ができるはず。

Clipboard61◎「【VR】巷で有名な誰もが羨む美人4姉妹。全員、僕のことが大好きで中出しを懇願してくるので4人全員にナマ中出しスペシャル!」
出演:阿部乃みく 佳苗るか 松本メイ 宮崎あや
時間:37分
価格:980円
レーベル:SODVR

最高のハーレムSEX!! 美人な痴女たちに囲まれて、耳元で繰り返し淫語を囁かれながら、濃厚なベロチューの嵐に包まれ、常に間近で見られ包み込まれる超密着的距離感。しかも四人全員にナマ挿入、妊娠確定のナマ中出し。姉妹設定という部分にも魅力がある。

現段階ではSODVRはすべて一律980円という超良心的価格。その中でも、今作の内容は非常に豪華だ。四人の美人痴女と中出しセックスができて、時間も37分と比較的長尺。
これがリアルソープなら下手をすると100万円吹き飛ぶが、VRならたったの1000円だ。

女優陣もツボを押さえたキャスティングではないだろうか。すでにVR経験豊富な阿部乃みく、そして佳苗るか、ハーフ枠の松本メイ、最後に宮崎あや――「本気の布陣」である。

■四姉妹モノ、長女~末っ子まで徹底VRハメレビュー

Clipboard63まずはVRアダルト作品の定番として、「この作品は寝た姿勢での視聴に適した~」という案内が出るので、スタンバイしよう。明転すると、すでに「俺」はベッドに寝そべった状態である。当然、鮮明な3Dだ。サイズ感は大きくもなく小さくもなく、いいバランス

早速接近してくるエロエロな姉妹たち。耳元に近付いて、イヤラシイ言葉をささやく。このあたりのバイノーラル録音なので、リアルさ満点。この時点で射精まで――あるかも。

まあ、何にせよ気分はもう最高潮。まずは長女の松本メイのメス穴からナマでお邪魔していく。周りの妹たちも欲しがるのだが、順番に入れてあげるので、そこは我慢させよう。

ハーフ痴女のホットなナママ*コを楽しんだら、次は佳苗るか。他の三人からもディープキスや乳首責めの雨あられ。淫語ささやきもグッと来る――まさしくエロの波状攻撃だ。

続けて三女の阿部乃みくが乗っかってくる。次々と姉妹たちに精液を搾り取られて、すでに腎虚寸前の俺――ラストは末っ子の宮崎あやのグラインド騎乗位で、シメの中出しだ。

■SOD覚醒! 巨大資本でVR市場を席巻するのか

Clipboard65言うまでもなく、SODは業界最大手の一角だ。さすがに大資本エロ屋だけあり、本気を出すと完成度がまるで違う。これには小さなVR屋も戦慄しているのでは。今作では「3D」という欠けていた要素にバイノーラル録音、豪華女優陣で、圧倒的な貫禄を見せつけた。

まだ「VR童貞」という方は、本当にそろそろ卒業のときではないだろうか。イメージとしては、これまで我々が毎日のように見ていたSOD作品の画質の良さ、そして音質のクリアさが、そのまま3DVR化されたという感じ。「ガチでヤってる」という感覚が強烈である。

どうしても「受け身」にならざるを得ないのがVR作品の難しいところだが、今作は、その弱点も四姉妹という圧倒的ボリュームの波状攻撃で埋めてみせた。質も量も十分。SODVRが実現させたアイデアとクオリティは、今後のアダルトVRのスタンダードとなるかも。

とはいえ、少々物足りなく感じられる部分もあった。たとえばディープキスは、若干キスが届いてこない、顔を舐められている感じがあったりと、少しズレている。それから体位にも工夫がない。ずっと騎乗位なので、欲を言うならもっと他の体位も楽しみたかった。

しかし、繰り返しになるが総合点は非常に高い。細かい話をすると、照明や色味についても絶妙で、白飛びもなく、女優の肌の色も自然に再現されている。カメラアングルもさすがの経験豊富なSOD。男優とシンクロさせて、シームレスに視聴者を楽しませてくれる。

これまで、「3Dじゃないから…」という理由でSODVRを敬遠していた諸兄らも、ぜひ視聴してみてほしい。そして「VR童貞」も、そろそろ、こっちの世界にやって来ないか?