乳首オナニー、通称チクニーをご存じだろうか?
一般的なオナニーは、ペニスをシゴいて射精して終了だ。

快感も一瞬で「うっ…」って感じ。そのあとは恒例の賢者タイムがやってきて、むなしさすら残る。
男にとっては当たり前のことだが、なんともセツナイ…。

乳首オナニー・チクニー

では乳首オナニー(チクニー)はどうだろうか?

ていうか、「チクニーってどんなオナニーやねん!」と思った人も多いだろう。

チクニーとは…ズバリ!
「乳首だけでイク、オナニー」のことである。

そう、実は乳首だけでイクことができるのだ。射精は必要ない。

嘘みたいな話だが、本当に乳首だけでイケるのだ。

ペニスは、ほとんど関係ない。シゴく必要はない。
勃つことはあっても、射精はしない。でもイケる。(ホントだよ)

確かに乳首が敏感な女は、乳首だけでイケる。
だったら、男だって乳首だけでイケないわけがない!

ただ、男にとってのオーガズムと女のとってのオーガズムは違う。

男の場合、「射精=イク(オーガズム)」という認識だと思うが、
女性の場合は、射精することはないので、男とは違った仕組みのオーガズムで、
このオーガズムの経験者しかわからないが、射精の何倍、いや何十倍もの快感。

射精とは違った方向性の快感なので例えるのが難しいが、ともかく凄まじい。

「お…女って、す…すごいんだ…ね」って感じ(´Д`)

そして、この乳首オナニー(チクニー)は、女性バージョンのオーガズム。イク方法なのだ。

やり方は実に簡単。

乳首をイジって、イクだけ!!

…なんだけど、それだけでイケる奴は、10,000人に1人いるかどうか?というレベル。

特に乳首開発などしたことない奴がいきなりイケることなんてありません。

先天的に女性並みの感度を持った男なら可能かもしれないが、通常、男の乳首の感度は低く、
触ってもくすぐったいだけで、特に何も感じない男ばかり。

しかし、実は…男でも女性並に感じる乳首に開発することができるのだ。

それがいいことなのか悪いことなのかは何とも言えないが、ともかく開発すれば乳首の感度は上がり
男でも女性のように「アンアン」と感じちゃう乳首にできちゃったりする。

ちなみにそのくらいの感度にならないと、乳首でイクことは難しいのが現状。

あと乳首を触わりながら、ペニスをシゴいて射精するのは、チクニーではないので間違わないように。

乳首オナニーは、あくまで「乳首だけでイク、オナニー」のこと。

そしてその快感は、射精とは比べものにならないし、何度でもイケる。

いわゆるドライオーガズムの一種なのだ。

やり方は、本当に乳首を触ってイク!だけなんだが、ともかく乳首の感度を上げなければ、まずイケない。

そこで、あなたがチクニーにイクために、まずは乳首の感度を上げる方法を教えます。

①毎日乳首を刺激する

これが一番手軽な方法。

毎日、乳首を指で触るなりして刺激を送ります。

エロ動画とかエロ画像を見ながら、指で触るといいかもしれない。

注意点としては、強くしないこと。やさしくなでる感じがいい。

最初は、恥ずかしさやむなしさを感じたり、くすぐったい感じになるかもだけど、そこは我慢。
毎日やっていると、気持ちよくなってきます。

とはいえ、ずっと刺激を与え続けていると、乳首の感度が下がって何も感じなくなるので、
そうなったら、乳首を少し強めにつまんで、いったん終了するといいかも。

で、時間をあけると、また乳首の感度が上がるので、またやってもいい感じ。

乳首の感度が上がると、乳首がシャツに触れただけでも感じるようになるので、そのくらいまで感度が上がれば、イケる人も出てくると思います。

②乳首を糸で締め付ける

これも手軽な方法。

乳首を糸でクルッとひと巻して縛ります。あまり強く締めすぎない感じがいいかな。
そのまま、ずっと過ごす感じ。

実はこれだけでも乳首は勝手に開発されていきます。

しかも意外と効果的なので、この方法はおすすめ。

③スポールバンを乳首に張り付ける

薬局とかに売っている鍼治療のパットであるスポールバンを乳首に張り付ける方法w

鍼の刺激で乳首を開発するわけです。小さな鍼なので、痛みはほとんどありません。
糸より刺激は強いので、開発力は高いですね。

チクニー愛好家の中では、有名な方法ですが、多少、お金はかかります。

④乳首吸引器で乳首をデカくする

アダルトショップとかで売ってる乳首吸引器を使って、乳首を吸引し、女の乳首のように巨大化させる方法。

男の乳首は小さいので、女の乳首よりどうしても感度は下がります。単純な面積の違いですね。

そこで強制的に大きくして感度を上げるわけですが、一度、大きくしてしまうと、なかなか戻らないらしいので、
正直、誰にでもおすすめできる方法じゃありません。

ちなみに、乳首の感度自体は、何もしなければ、徐々に下がっていきますので、乳首の感度の開発は気軽に行えます。

ただし、乳首の肥大化・巨大化にはリスクが伴うので、やるなら覚悟をもってください。責任は取れませんので(笑)

⑤女性ホルモン剤を乳首に塗る

正直、「ここまでやるか?」って方法ですが、乳首に女性ホルモン剤を塗って感度を上げます。

ヒメロスとかが有名ですが、副作用もあるのでマジで注意。

乳首も大きくなって感度も上がるようですが、胸が女性のように大きくなる可能性もあるようです。

男を捨てて、女になるくらいの気持ちを持ってる人ならいいかもしれませんが、
単純に乳首オナニー(チクニー)のためだけに、ここまでする必要ないと思います。

とはいえ、効果はかなりあるようなので、やりたい人は自己責任でお願いします…。

「乳首オナニーのやり方とまとめ」

というわけで、乳首を開発する方法はいろいろありますが、個人的にオススメの方法は「糸」ですw

お金もかからないし、いつの間にか乳首が開発されているので、いい感じですね。

で、ある程度、開発が進んで、感度良好になってきたら、リラックスした状況で、乳首をやさしく触ります。指でなでたり、手のひらでなでたり…って感じですね。

しばらくすると、頭がほわわ~ってなってきて、「ああああっ…」ってなってイケる!…人はイケます。

と…、ここまで書いておいてなんですが、ぶっちゃけ、乳首オナニー(チクニー)だけでイクのはマジで難しいです。

女性でも乳首のみでイケる人って多くないしね。

実際、男が女性のようにイクには、乳首だけじゃなくて、前立腺も開発して、ドライオーガズムという女性イキを達成できるようになることがほとんどです。

ドライオーガズムについては、別の機会にこのブログで解説しようと思ってますが、ドライオーガズムになるためには乳首の開発は必須。

男性の快楽を司る器官の前立腺と乳首は間違いなく繋がっているので、乳首は超重要なのです。

女は男の何十倍ものオーガズムを感じると言われてるけど、男でも同じくらいの快楽を得られるので、まずは乳首開発からはじめて、ドライオーガズムに挑戦してみてもいいんじゃないかと思いますヨ。