アダルトVR…ではない、アイドルVR。エロばかりなく、VRではぜひ、ノンアダルトの映像も楽しんでほしい。可愛いアイドルとの密着体験、LIVE映像の360°視聴――などなど、これまでのイメージビデオやDVDにはなかった臨場感が、VRなら味わい尽くせる。

注目サービスまとめ、後篇でも、きっと貴兄の心をくすぐるチャンネルが見つかるはず。

■「FOD VR」

Clipboard07大手テレビ局・フジテレビのVRチャンネル「FOD VR」。さすがにテレビ局なので、アダルトのラインアップはないが、その代わりに通常番組、音楽番組などの取り揃えは豊か

そして、微エロも強い。ドルオタに人気の企画は、「VRアイドル水泳大会」。騎馬戦やツイスターなどでキャッキャと黄色い声を上げるアイドルたちの姿は、“実用性”も高いぞ!

全体を見渡す感じになる360°映像だが、迫力は文句なし。画質も良いのでおすすめだ。

■「SHOWROOM」

Clipboard08大手IT企業DeNAが提供するVR動画サービスの一つに、「SHOWROOM VR」がある。
他サービスと異なるのは、<リアルタイムでの配信>にも対応している点だ。今、このひとときを確かにアイドルと共有している――という、親近感あるVR体験ができるのだ。

番組は、大別して「過去の配信」と「ライブ配信」とに分かれる。「ライブ配信」に関しては、いつでも見ることのできるストック動画とは違って、指定された時間に視聴しなければならないが、他のサービスでは体験できない生々しさがあるので、強くおすすめする。

■「エイニーミー」

Clipboard09新機軸。将来アイドルを目指す美少女たちのために開校された「アイドルカレッジ」の生徒たちが登場する。アイドルの卵たちを応援しながら、自分のお気に入りを見つけられるというシステムだ。画質も高い。なんとなくずっと観てしまう、吸引力のある企画動画。

推奨されているのは、Gear VR環境での視聴。現在、数あるVR機器の中でも最もクオリティの高いGear VR、スマホVRの中では最高峰。手軽に高画質なVR動画が楽しめる。

Oculus RiftやHTC Viveでも高品質なVR動画が楽しめるが、そう簡単に入手できるアイテムでもないので、スマホでも使える汎用HMDを使い、エイニーミーを楽しまれたし。

■「ビューイングレボリューション」

Clipboard10今、アイドルといえば、実体のある女の子だけじゃない。アニメやゲームのアイドルも多い。その代表は言わずと知れた初音ミクだが、他にもいろいろ二次元アイドルは存在していて、そんな彼女たちのVR動画(LIVEなど)も人気となっている。時代は変わった…。

その中でも、PSVRで視聴できる「アイドルマスターシンデレラガールズ」「ビューイングレボリューション」は熱い。自分好みにアイドルの衣装なんかを選べるゲームならではのシステム。席の位置、視聴する視点なども設定できる、マニアックなこだわりも良い。

制作サイドから一方的に提供されるだけでなく、ユーザーも多少は参加できる要素があるというポイントが、二次元アイドルファンには堪らない。リアル専でも、一度は体験を。

■「JOYSOUND VR」

Clipboard11まだまだ新しいサービスで、発展途上にある「JOYSOUND VR」だが、やってる内容はかなり新しい。今後、様々な形でのアイドルとの触れ合いパターンを開発していきそうだ。

JOYSOUNDといえばカラオケだが、最近ではVRにもビジネスを広げており、PSVRとの連動で「JOYSOUND.TV Plus」を視聴できる。ただのホームカラオケではない。音とVR映像がミックスされていて、新感覚。アイドルのPまで体験できるような作品がある。

やはり、特色あるのは「seeDreamアイドルプロデューサー」。自身がPとして手掛けるアイドルが、果して、無事に初ライブを迎えることができるのか――。ゲームの中では、そろそろやり尽くされた感もある内容だが、これがVR動画となると、また感慨深い体験だ。

始まったばかりのサービスだが、カラオケ屋のJOYSOUNDがVRに参入していること自体が面白い。まったく新しい視点から、VR動画の可能性を押し広げる展開に期待したい。

<まとめ>

さて、VR動画でアイドルを観る、というテーマで、おすすめのサービスを前後篇に渡ってお伝えしてきた。実在する三次元のアイドルだけでなく、ゲームやアニメの二次元アイドルのライブを楽しんだり、共演したり、プロデュースしたりできるのは、大きな魅力だ。

アダルトVRも日々パワーアップしていて、目が離せないが、直接的なエロにはそこまで関心がない紳士には、ぜひアイドルVR動画をおすすめしたい。「動画再生→即プレイ」という、身も蓋もないようなエロ作品とは違う、インタラクティブな楽しさが、ここにある。

しかも、視聴には特別、高価な機器は必要ではない。今、多くの人が普通に持っているスマホと、汎用型のHMDを使えば、それなりのクオリティで流行のVR動画が楽しめる。

さらに、制作にも工夫がある。プロが作った動画だけではなく、アイドルが自分でムービーを撮ってアップしていくサイトも増えていて、動画のレパートリーも豊かになっている。

イメージビデオは、もう古い。今後、アイドルのソフトエロは、VRで楽しむ時代だ。