エマ・ワトソンは、彼女自身でも、このような展開を予測していなかったことだろう。

ヴァニティ・フェア誌の最新号インタビューに答えたエマ・ワトソンの言葉は、ある真実を明るみに出した。挑発的な「下乳」も話題になっているが、アメリカでは、そのセクシーな写真よりもどちらかと言えば、彼女の“発言”が、広く市民の心を打ったようだ。

■女性の平等な権利を主張する活動家という面も

Clipboard67
問題の写真

普段、外国人女性はその“嗜好”から外しているという方のために、基本的な部分から確認しておこう。エマ・ワトソンは、イギリスの女優だ。映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で名を馳せた。1990年生まれの、まだ若い女優だ。

世界の美女ランキングの常連でもある彼女だが、その活動は女優だけに留まらない。実は女性の権利についての活動家でもある。そんな一面は、日本ではあまり知られていない。
2014年には、国連組織UNウィメンの親善大使にも任命され、バングラデッシュやザンビアなどの国にも訪れ、女性にも教育を受ける権利はあると啓蒙した。また、2015年1月の世界経済フォーラムにおいては、男女のジェンダー平等についても、強く力説している。

つまり彼女は、真のフェミニズムの指導者なのだ。ジェンダー格差をなくすために、男性にも協力を呼びかけるキャンペーン「HeForShe」も立ち上げた。若いのに立派な女優だ。

そんなエマ・ワトソンの活動が、一部の市民に曲解されていることが嘆かわしい。ヴァニティ・フェア誌の「下乳写真」がネットを騒がせた後では、ツイッターには非難の声が相次いだ。つまり、彼女の「活動家」としての精神性が、今、不当に疑われているのだ…。

「こんな写真のせいで、ジェンダー間の賃金格差とか、そういうことを言っているこの女の発言が信じられなくなった」「平等な権利? そんな偉そうなことを言ってカラダを見せるのってどうなの? 偽善者じゃない」――そんな声に、彼女もショックを受けている。

エマ・ワトソンはツイッターで、このような心境を漏らしている。
「Julia Hartley-Brewer ? @JuliaHB1
Emma Watson: “Feminism, feminism… gender wage gap… why oh why am I not taken seriously… feminism… oh, and here are my tits!”」
エマ・ワトソン「フェミニズム、フェミニズム、男女の賃金格差…どうしてみんな、私の話を真剣に聞いてくれないの…私の胸になら興味があるかしら?」

■ジェンダー格差と戦う活動家エマ・ワトソン

Clipboard68「自由の国」「平等の国」と言われるアメリカだが、あらゆる差別は絶えない。とはいえ日本にも色濃く残っている「女性蔑視」の問題だが、アメリカでもその様相は同様か、それ以上のようだ。とりわけ「女性は低賃金」という風潮は全土に蔓延しているようで――。

そんな前時代的なジェンダー格差をなくすために、エマ・ワトソンは活動しているわけだが、「女性を平等に見るべき」という発言を繰り返しながら、自身は積極的に肉体を見せ、いわゆる「エロ売り」しているのではないか、というところが、市民を誤解させている。

そもそも「女性の美しさ」とは、あらゆる価値基準から離れて論じられるべきというのが彼女の主張だ。それをまるで「風俗嬢」のように扱う一部のアメリカ市民には、まだ幼稚な部分があると言っていいだろう。移民の国ということもあり、考え方も様々だが――。

彼女が矢面に立って行っている「ジェンダー平等」のための闘いとは、すなわち、女性があらゆる「選択権」を手にするための闘いでもある。仕事をするか、家庭にいるか。子供を生んで育てるか、一人で生きるか。そんな「自由」について、彼女は問うているのだ。

もちろん「選択権」の中には、「自分の好きな格好をする」というものも含まれる。そして自分の肉体を使って、どのような表現をするのかも、自由だ。その一つ一つの選択が社会に広く認められた先に、ジェンダー平等という理想がある。

つまり、エマ・ワトソンが訴えかけている「フェミニズム」には、「あらゆる選択を可能にし、多様な人間を受け入れる社会をつくる」という考えも内包されている。今、トランプ政権が様々な“壁”を作ろうとする中で、こうした人間的基本理念を忘れてはいけない。

女性にもいろいろなタイプがある。「賢い知的な女性」「セクシーな女性」「生意気な女性」「洗練された女性」「元気で活動的な女性」――どんな生き方を選択するのか、自分で選んだ上で、社会も彼女たちを認知し、男性と同じだけの給与を支払う。当たり前のことだ。

しかし、その「当たり前のこと」が、こうも認められない社会とは何なのか。日本でも女性の人権については度々あらゆる側面から取沙汰されているが、事態は変わっていない。

5 噂の名無しさん
というかあんなちっちゃかった子がもうすごい大人になってることに驚くな
12 噂の名無しさん
考えさせられるけど結局アメリカの雰囲気ってどんな感じなのかわからない
23 噂の名無しさん
日本ほどひどくないんじゃないの? 女性蔑視ってまだあるのか
35 噂の名無しさん
下乳見せるくらいでここまで騒がれるんだったら日本のアイドルはどうなるんだ