人気レーベルkawaiiから大型新人が登場した。その名も小嶋亜美。実は元子役というキャリアの持ち主で、多少変則的ながら「芸能人→AV女優」という路線。まあ注目の女優だ。

以前、ホエール西野というAV監督が、近々「大物K」がデビューするとツイートしていたが、彼女のことだったのか? それにしては肩透かし感がすごいが――それはともあれ。

■元子役――でも、誰?

どうだろう、小嶋亜美。この顔に見覚えがある人は、手を挙げてみてほしい。

商品コメントとしては、こんなものだ。
『皆さん、この顔どこか見覚えないですか??あの元子役が、カラダも胸も大きく育ってAVデビュー!!子役で培った演技力を一切発揮する必要のない、ガチンコでイキまくる超敏感F-cupボディが堪りません!それにしても、ほっっんとに気持ち良さそうにエッチする亜美ちゃん。SEX中も自分でクリをグリグリ弄っちゃってます!清純派アイドル顔と悶えまくるイキ顔のギャップが堪らない、kawaii*期待の新人です!!』

――まあ、心当たりがある人はいないだろう。「あの元子役」とは言われても、正直ピンと来ない。パケ写を見る限り、そこそこ可愛いのは事実っぽいが(それすら曖昧)、売り文句が嘘くさい。正直、街で見かけても、そこまでの印象を残す美少女とは言えないが――。

噂としてあるのは、「あっぱれさんま大先生」ではないか、とか、「天才テレビ君」ではないかというところだが、まあいずれにせよ、そこまで人気が出た子でもなさそうだ。エキストラ的子役なら名前もクレジットされないので、出演していても特定は難しいのだとか。

■AVソムリエたちの声は辛辣だが…

今のところ、この“謎の元子役”小嶋亜美のデビュー作レビューは、いくぶん低調だ。

「『顔だけ若い、肉付きや振る舞いは熟女感が…』★★☆☆☆
最初は下着姿。その時点から伝わる肉付きの良い身体に、好みはあるだろうが、まあ期待は持たせてくれる。ショーツを脱ぐ姿には、生唾物の緊張感も。肉体は健康的、電マをあてられると感度の良さも際立つ。
初絡みでは、脱ぐ前からびしょびしょという感じて、肛門も開かれ、羞恥に悶える。男優の技量も見事で、フィンガーテクで女優を執拗に攻める。しかしこのあたりから、チラホラと破綻が目につく。下腹部につきすぎた脂肪は、熟女レベル。この子、一体何歳だ?
一人語りしながらの自慰も、新人のものではない。総合的には、高い得点がやれない…」

『エロエロな新人じゃないか!』★★★★☆
元子役とか、まあ、そういう経歴みたいなのには、正直興味ないですwww
変な先入観は打っちゃって見ると、なかなかいいんじゃないですか。肉感も抱き心地よさそうで興奮します。絡みも最初から濃厚で、舌の絡め方なんてリアルですね。プライベートでもこなれたセックスをしてそうw 挿入されると、自分からグリグリ腰を回します。
ただ、元子役という肩書きで煽っているだけで、これという売りがないのも確かですw」

レビューはこんな感じ。「元子役」という部分を抜きにすると、まあ楽しめる内容の様子。

■ネットでは「ズッキに似ている」の声が多数!

さて、“元子役”小嶋亜美のデビューに際して、ネットでは次のような声が出ている。

「誰?」
「誰?」
「誰?」
「ズッキに似てるな」
「誰か知らんけどAV女優としてはいろいろやれそう」
「子役感のなさwwwww」
「ズッキじゃね?」
「どうせさんま大先生」
「まあこのビジュアルなら成功する可能性はあるんじゃないか?」
「ズッキ感がある。ズッキなわけないけど」

圧倒的なのは「誰?」という声だが、AV女優としての資質を認める意見もあり、またズッキに似ているという声も多い。この「ズッキ」とは、元モーニング娘のメンバーだった鈴木香音の愛称である。ズッキは「福祉関係の職に就くため」卒業し、芸能界も引退――。

まあ確かに似てはいるのだが、ズッキではないことは確かだろう。卒業してもアイドルはアイドル。肌質なんかも全然違うし…まあ、一時期デブ化していたズッキには目も当てられなかったが、それも過去のこと。今は普通の女の子として、普通に生活しているはず。

■「元子役」の肩書きを捨ててからが勝負か

まあ、「元子役」というのは、デビュー作での“かまし”とか“はったり”みたいなものだろう。こういうのはただの宣伝文句なので真に受けてはいけない。作品だけを評価すべきだ。――筆者の知り合いのAV関係者は、小嶋亜美について、このように語ってくれた。

「誰、この子(笑)全然知らない。元子役とか言われてもピンとこないけど、それだけで気になっちゃう人も一定数いるから(笑)でも、素材はいいんじゃないの? 黒髪の少女系で、こういうのが好きな人は多いよ。元子役って肩書きを捨ててからが勝負だね(笑)

うん、NGなしでいろいろやれば、5年は食えるかもしれない。でも、これ年齢出してないでしょ? 結構いってると思うよ。まあ、業界はそんなんばっかりだけど、それでもね」

“元子役”小嶋亜美――デビュー作はともあれ、次の作品でまた別の顔を見せてほしい。