無料エロ動画サイトの代名詞といえば、エックスビデオ(XVIDEOS)だ。
男なら(女でも)一度は必ず誰もがお世話になっているはず。日常生活中でも、赤、黒、白の組み合わせを見るだけで、ハッ、と反応してしまいそうになる。無修正動画も、流出の個人撮影動画も、なんでもあり。例のアレやソレなんかも、まあ、大体視聴できる。

しかし、毎日のように利用していて、はたと気になることはないだろうか。
「これって、本当に合法なのか?」
「情報流出のリスクとかって大丈夫なのか?」
――と。そのへん、一度冷静になり、ちょっと真面目に考えてみることにしよう。

■配布は違法! 視聴は問題なし

Clipboard17AVも著作物である以上、無断での配布は犯罪だ。第三者への公開は違法となる。
また無修正動画は、日本国内での配布は違法。エックスビデオの場合は、海外のサーバーを経由して配布しているので、まあセーフ。しかし、それも著作物なら、アウトだ。また最近はこのグレーゾーンもカリビアンコムの一件で、少々揺らいできているという印象。

ちなみに、無修正動画の視聴についてはどうか。これは、刑法でも処罰の対象とはならない見解が警察庁、弁護士から示されている。個人視聴では、どれだけ拾いの無修正動画を見ても罪にはならない。とはいえ、今後の流れは、ちょっと厳しくなるものと思われる。

■投稿は控えて「見る専」でいこう!

Clipboard18エックスビデオに限らず、動画投稿サイトに著作物を投稿するのは違法だ。逮捕されるおそれもある。そして、メーカーが提訴すれば確実に負ける。莫大な賠償金を請求される。

基本的に、アダルトビデオにはすべて著作権が存在する。当たり前のように投稿サイトに載せられているが、それらはすべて、権利者の許可を得たものではない。メーカーも違法動画の削除依頼には多大な労力がかかるので、ある程度以上、諦めているというだけだ。

いずれにせよ、視聴はすべてにおいて全く問題ないが、投稿にはリスクがつきまとう。
エックスビデオや、その他のサイトは、「見る専」で利用するのがベストというわけだ。

■疑問…どうやって運営が成り立っているのか

さて、エックスビデオなどのサイトは、原則的にすべて無料だ。一部会員制を敷いているサイトもあるが、まあ大体は非会員でも自由に視聴できる。となると、素朴な疑問が頭にもたげる。果して、そのような無料投稿サイトはどうやって運営を成立させているのか。

これは、ずばり、「広告収入」である。

動画のページの至るところに掲載される広告。この広告の掲載元から金を得ていることが多いようだ。それも利用者の多いエロサイトなら一日で驚くばかりの収入になるらしい。

だから、我々がエックスビデオの存続に関して心配するようなことは、一切ないわけだ。

■詐欺被害は外部リンクを踏まないことで食い止められる

Clipboard19
こういうの、詐欺だと分かっていてもドキッとするもの

エックスビデオは割ときちんとした運営元があり、信頼できるが、しかし、サイトの随所に張られた広告リンクの、その先は無法地帯である。正直、何が起こるかわからない。広告収益が本来の目的なので、健全運営のエックスビデオも、広告の数は減らしてこない。

しかしまあ、エックスビデオのような有名サイト内にあるリンクが詐欺サイトという可能性はきわめて低い。が、たとえばそのサイトの1つ先のリンクとなると、これはもう無法地帯だ架空請求、ワンクリック詐欺――そういった詐欺被害のリスクが、十分にある

まあ、でも、これを予防するのは簡単だ。
「外部リンクをクリックしないこと」
これだけ。大体、「エックスビデオで詐欺被害に遭う」ということはありえない。その先のリンクに入っていって、自分で勝手にリスクを犯してしまうのだ。もちろん、外部リンクを踏んだ結果として詐欺られたとしても、エックスビデオは責任を取ってはくれない。

当たり前のことだが、無料で何かをする以上、すべては自己責任、ということなのだ。

■多様化する詐欺被害 ミエミエなものから巧妙なものまで

今や古典的ともいえるワンクリック詐欺や架空請求の他にも、最近はネットでの詐欺の手口も巧妙化している。まあ、そうはいっても、大体一般的なリテラシーがあれば、「これは詐欺だろう」と見破れるはずだ。身に覚えのない請求には従う必要ない、それだけだ。

基本的に、どんな請求があっても徹底無視、これでOKである。このような詐欺被害の相談窓口でも同じことを言われる。「心配無用です。無視してください」それ以外のことはない。警察だって動かない。弁護士に相談することもない。みんな忙しいので自己解決を。

ただし、例外的に、相手から「少額裁判を行う」というような通知が自宅まで来た場合には、ちょっと警戒した方がいい。もちろん、自宅に請求に来るなどしたときには、警察に電話しよう。実際的な被害が生じると警察も動く。民事レベルなら弁護士に相談しよう。

まあ、普通に視聴しているくらいなら、エックスビデオでそんな被害もあり得ないが。