彼女ができない俺たちのために、日々、オナホメーカーは新商品の開発に力を入れてくれている。バイブ、電マ。そういった古典的なアダルトグッズの進化も目覚ましいが、テンガの登場からその歴史が始まったオナホも、今では多様化を遂げ、個性に溢れている。

■常識を打ち破るレンズ社の「A10 サイクロンSA」

Clipboard32これまでのオナホといえば、カップ型で、勃起したペニスを包むようにして使うのが普通だった。もちろん、手動。着圧や形状などでバリエーションを増やしていたが、それも飽和気味の最近の業界だった。そんな停滞ムードを振り払ったのが、レンズ社の新オナホ!

その間も、「A10サイクロンSA」だ(以下A10)。これまでの男性用オナニーグッズの中でも最高傑作と誉れ高い電動オナホ、大登場。超ハイクオリティで、これまでのすべてのオナホを過去にする。かねてレンズ社の看板商品だった「R-1」シリーズの後継機である。

まず新鮮なのは、そのビジュアルデザインである。レンズが「性家電」と表現するだけあり、大人のおもちゃという怪しい印象がまったくない。どこか洗練された事務用品のようなイメージすらあるあまりにスタイリッシュで、部屋のインテリアにも使いたくなる。

さて、肝心の使用感だが、まず、このA10、横回転の刺激が素晴らしい。実に心地よくねじり上げるような感じだ。このあたりは言葉で表現するのが難しいが、まあ、非常に気持ちいいと言って間違いない。以前のレンズ社のオナホと比べても、格段の進化を感じる。

■注目の「+1D(プラスワンディー)」機能

Clipboard33そして、新型A10の大きな大きな目玉が、この「+1D(プラスワンディー)」である。

新しい言葉なので聞きなれないだろうが、+1Dというのは、アダルトフェスタVRなどで配信されている対応動画に連動して、オナホが動くという意味だ。つまり、動画の中の女の子のフェラチオ、腰を振る動きに合わせ、オナホが反応。セックスのリアルさが増す。

この機能が、非常に画期的と評判だ。あるいは今後、エロVRとオナホとの組み合わせでリアルなセックスは不要になるのではないかと言われている。バーチャルセックスの方が気持ちよくなる時代も到来するかもしれない。まあ、そうなると人口は確実に減少するが。

また、+1D機能という言葉の感じからは、ハイスペックなPCやそれ相応の環境が必要なのではないかと想像されるが、そんなこともない。スマホにも対応する。またA10サイクロンSAはオリジナルアプリがあり、「Vorze Controller」をDLすれば、それで動かせる。

Vorze Controllerは、A10に内臓されたBluetoothとスマホを繋げ、動き、快感を与えてくれるアプリだ。その他、「VRX Media Player」などのVR動画用の再生アプリとも連動するので、スマホで視聴する際にも問題はなく、それで十分ハクオリティな体験ができる。

対応のスペックとしては、「Android4.3以上」。要するに今発売されているアンドロイド機なら問題なく動く。もちろんアイフォンユーザーも心配なし。快適に視聴できるだろう。

■「A10サイクロンSA」の気になるお値段、スペック

さて、長々と魅力を語ってきたA10サイクロンSAだが、でもお高いんでしょう? という声も聞こえてくるかのようだ。確かに安くはない。しかし繰り返し使えることを考えれば相応ではないだろうか。オナホは10種類用意されているので、気分で付け替えられる。

「A10サイクロンSA」
参考価格:54,000円
重さ:1400g(ホールを除く)
サイズ:全長160×全幅160×高さ293mm
稼働・充電時間:共に2時間
付属品:利用ガイド、専用無線アダプタ、専用充電器、VORZEスムースローション 50ml
A10サイクロンSA DATA DISK (DVD)
付属ソフト:VORZEプレイヤーインストーラー、プレイファイルサンプル、動画サンプル
対応OS:Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10
対応動画形式:市販DVD、MP4、WMV、AVI、MOV、FLVA10

Clipboard3454,000円というと高いようだが、まあ、NSソープ一発分と考えればいい。それでVR動画がもっと楽しめるようになるのだから、お得感はある。当初、売り切れ続出でなかなか手に入らなかったようだが、今は品薄状態も改善されて、安定的な供給がなされている。

そうは言っても、まあ、大体のところで在庫切れなので、確実に購入できそうなのはアダルトショップのNLSだけだ。しかも価格が安い。26,900円程度である。五反田の大衆ソープ90分コースくらいか。稀に在庫なしになるが、品が入るとメールで知らせてくれる。

それに、NLSはやはり安心だ。二重梱包。商品名も雑貨・釣り具・パソコンなどとカモフラージュしてくれるので、家族と同居している人でも安心できる。万が一、中を見られたとしても、まさかオナホとはバレない。「お洒落な家電」とでも思われるくらいだろう。

すでにVRエロにドハマりしている紳士にはもちろん、通常のオナニーに新たな刺激を求めている人にも新しいA10を勧めたい。きっと、自慰ライフが一新されるはずである。

これで、もう本当にリアルな女の子なんて不要になってしまうかもしれない。
風俗に金を落とす必要は、もうないんだ。そう、A 10サイクロンSAならね。