VR技術は日進月歩。まだその全体は黎明期の混沌の中にあるが、それでも作品、サービス共に、一通りのところは出揃ってきた。今後の飛躍と爆発的な浸透を待つのも良いが、その前に多少体験しておくのも、悪くないのでは。後から古参ぶるためにも、いかがかな。

■既出のアダルトゲーム代表作

まず流行したのが定番のアダルトゲームなのだが、アダルト未満のギャルゲーも含め、なかなかのタイトルが揃っている。特に、次の3作は、完成度も高いとして評判のようだ。

◎「VRカノジョ」

Clipboard10アダルトゲームブランド「イリュージョン」が制作しているVRゲー。
近所の女子校生に勉強を教えに行くというお決まりのストーリーだが、これがVRで体験すると新鮮である。部屋の中で女子高生に触れたり、物を持ったりという体験ができる。

発売は2017円2月28日と予定されている。DL専用で、価格は4,980円。
すでに体験版が公式サイトから出ているので、VR環境があるなら試遊してみては?

ちなみにメーカーのイリュージョンは、AV女優の肉体を3Dスキャンで3DCG化した『PLAY GIRLS』など、独自の試みも行っている。今後の動向にも期待が寄せられる。

◎「カスタムメイド3D2」

Clipboard11エロゲーメーカー、KISSが発売するVR対応エロゲーが「カスタムメイド3D2 」だ。
内容は「メイドもの」。エンパイアクラブというクラブの経営者であるプレイヤーが、自分好みのメイドを育てていくというストーリー。髪の色から身長、アクセサリー、服、下着の色まで、まさしく“カスタムメイド”。メイドにダンスも踊らせられる、凝った作りだ。

対応はOculus Rift、HTC Viv、先日、Oculus Touchでもプレイできるようになった。
独自のデバイス開発にも意欲的なKISS。没入感溢れるVRゲームの制作を目指している。

◎「なないちゃんとあそぼ!」

Clipboard12サークル「VRJCG」が発売するアダルトVR専用ゲーム「なないちゃんとあそぼ!」。

タイトルの通り、ヒロインであるなないちゃんとプレーヤーがムフフなことをする内容。
特徴として、スマホの加速度センサーを用いている点がある。エアドールなどにスマホをセットすることで、ヒロインのアクションとエアドールの動きをリンクさせられるのだ。

■リアル三次元エロ動画はDMMその他で

エロゲには興味がない。「俺は三次元でしか抜かない!」と決めている変態たちには、次の4つのサイトをおすすめしたい。すぐ目の前にAV女優がいるという感覚は、斬新すぎる。

◎DMM VR R18
王者DMMがVRに参戦! 一般向けも多いのだが、アダルトも充実。総数200を超えるタイトルは、さすがの資金力だ。iPhone/Androidのスマホのほか、Gear VRに対応。専用アプリを通して視聴する。

特徴的な機能として、下を向くと現実世界が見られる、という点がある。手元の飲み物を飲みながら、AV女優の痴態を楽しめるという、「ドリンクモード」が搭載されている。

◎Adult Festa VR
そのアダルトVR動画総数は、400本超! ボリュームたっぷりの「Adult festa VR」。
有名女優も続々と参戦しており、あの子やこの子との超リアルなSEXが仮想体験できる。

特徴として、「VR+1D」という機能がある。これは、対応する器具がアダルトVR動画とリンクして動くこと。スマホからでもPCからでもOK。こちらから能動的に働きかけることができるVR動画は、まだ多くない。画期的な技術でも、他のサイトと差をつけている。

◎AVVR
まだ比較的新しいサイトだが、12月1日からは月額制のサービスも始めるなど、意欲的な取り組みが見られるのが「AVVR」だ。iPhone/Androidスマホでの視聴が可能である。女優の起用力も評判となっている。今後、本数が潤ってくれば、さらにファンも増えそうだ。

◎HBOX.jp
アダルトポータルサイト「HBOX.jp」で、VR動画の取り扱いも始まっている。今はまだ先行サイトの後塵を拝している状況だが、資金力はあるので、今後の展開には期待できる。

その他、海外のアダルトサイトでも、VRの配信サービスが多くなっている。
有名どころでは、「Pornhub」、「Naughty America」なども! ただし、洋モノの動画はやはり日本の動画と比べると作りが粗く、また大味な作品が多いので、現段階では微妙だ。

■エロVRを体験できる施設が急増中!

Clipboard13アダルトVRに興味はあるけれど、機器を揃えるのは面倒臭い――そんな方は、視聴環境が整った施設を利用するといいだろう。家庭用よりも、よりハイエンドな機器が準備された施設が、都市部を中心に急増している。最近では、ネカフェでも体験できたりする様子。

◎SOD VR
さすがのソフト・オン・デマンド。超有名なアダルトビデオメーカーが秋葉原にオープンした個室鑑賞ショップ。SOD社員とセックスはできないが、最高のVR体験ができる!

◎VRデキル!!
全国規模のネットカフェ、アイ・カフェグループが展開するVR体験キャラバン、「VRデキル!!」。大型の筐体を使ったVRゲームは、臨場感が半端ではない。体験コンテンツにはもちろんアダルトVRも含まれているのだが、無論、店内で自慰行為は禁止でござる…。

◎PCショップTSUKUMO
秋葉原の体験スペース「ツクモVR」では、上でも紹介した「VRカノジョ」の体験版がプレイできる。過激なシーンはないのだが、18歳未満はプレイできないので、ご注意を。